白鷗大学法科大学院|HAKUOH University Law School

奨学金・学費

  • HOME »
  • 奨学金・学費
入学初年度から修了年度までカバーする
学業特待制度(給付型奨学金)

充実した奨学金制度白鷗大学法科大学院は、入学後、法曹を目指す学修に集中できるように、独自の奨学金制度を充実させています。3つの制度がありますが、いずれの制度も返還義務のない給付奨学金としています。一般入試合格者のうち、特に優れた成績優秀者の3年間(法学既修者の場合は2年間)の全学費を免除するのが「学費全額免除生制度」で、成績優秀者の入学初年度の授業料50万円を免除する「入学時学業特待生制度」も整えています。また、入学後の成績により、2年次と3年次の授業料50万円を減免する「在学時学業特待生制度」があり、学ぶ意欲に応える奨学金制度としています。

学業特待生※ 対象条件 学業特待生特典 実績
(2014年度)
学費全額免除生 一般入試成績最優秀者 入学初年度学費(入学金20万円、授業料100万円、施設設備費20万円の合計140万円)
および2年次、3年次(未修)の学費(授業料100万円、施設設備費20万円の合計120万円)が免除
3人
入学時学業特待生 一般入試成績優秀者 入学初年度授業料を50万円減免 2人
在学時学業特待生 学年における成績優秀者
(GPAの高さで評価)
授業料を50万円減免 2人
■学費全額免除生、学業特待生の資格は、毎年度見直しを行います。次年度もその資格を維持するには、学費全額免除生、学業特待生それぞれの成績(一定のGPA)を下回らないことが条件となります。
※1年次学費には、入学金、授業料、施設設備費を含みます。 ※2年次以降の学費には、授業料、施設設備費を含みます。 ※白鷗大学卒業生は入学金が免除になります。

 

未修者コース
1年次 2年次 3年次 合計
一般学生 140万円
入学金+授業料+施設設備費
120万円
授業料+施設設備費
120万円
授業料+施設設備費
380万円
学費全額免除生 0万円 0万円 0万円 0万円
学業特待生 90万円 70万円 70万円 230万円
※「学費全額免除生」「学業特待生」は進級時に資格の見直しを行います。

 

既修者コース
1年次 2年次 合計
一般学生 140万円 120万円 260万円
学費全額免除生 0万円 0万円 0万円
学業特待生 90万円 70万円 160万円
※「学費全額免除生」「学業特待生」は進級時に資格の見直しを行います。

 

基準

○学費全額免除生の対象となる基準について
【未修者】
適性試験・論述試験・面接試験の合計得点(100点満点)が70点以上の者に適用します。
【既修者】
適性試験・法学論文試験・面接試験の合計得点(100点満点)が70点以上の者に適用します。

※特待生の資格は毎年見直すこととし、その資格を取消す場合があります。次年度以降も学費免除生の資格を維持するには、特待生の成績(一定のGPA)を下回らないことが条件となります。

○入学時学業特待生(入学初年度授業料50万円減免)の対象となる基準について
【未修者】
適性試験・論述試験・面接試験の合計得点(100点満点)が65点以上の者に適用します。
【既修者】
適性試験・法学論文試験・面接試験の合計得点(100点満点)が65点以上の者に適用します。

○在学時授業料50万円減免について(参考)
2年目以降の在学生のうち、学年の中で既修と未修別にGPAの最も高い成績優秀者にはその年度授業料50万円が減免されます。


学業特待制度と日本学生支援機構の奨学金は併用できます。
白鷗大学法科大学院では、多くの学生に奨学金を受けられるチャンスが広がっています。

日本学生支援機構についての詳細はこちら


1年次 2年次 3年次 合計
貸与奨学金貸与額 96万円
8万円×12ヶ月
96万円
8万円×12ヶ月
96万円
8万円×12ヶ月
288万円
学業特待生制度と併用できるため、毎年学費額を超える金額の貸与が可能です。経済的な負担を軽減できます。
●学業特待制度による奨学金と日本学生支援機構の奨学金は併用することができます。日本学生支援機構から本学あてに募集人員が割り当てられますが、学生数の少ない本学では、多くの学生に奨学金を受けられるチャンスが広がっています。

 

学費

学費の納入にあたって、一括納入または分割納入を選択できます

学費 一括納入の場合 分割納入の場合
前期(入学時) 後期
入学金(初年度のみ) 20万円 20万円
授業料 100万円 50万円 50万円
施設設備費 20万円 10万円 10万円
合計 140万円 80万円 60万円
※白鷗大学卒業者は、入学金が免除となります

 

その他の独自奨学金制度

学業奨励給費奨学金
学業の奨励を図ることを目的とし、毎年1回成績優秀な学生を選考して、受給資格者に奨励金(年7万円)を支給します。

学資ローン

教育の機会均等と家庭の経済的負担の軽減を図るため、国が行っている教育貸付制度を利用できます。低利で融資を受けられます。詳しくは、日本政策金融公庫のホームページをご覧ください(「融資のご案内」→「教育ローン」)。
◎一定の条件を満たすことが必要です。
◎融資限度額 300万


 

日本学生支援機構による奨学金

独立行政法人日本学生支援機構が行っている貸与型奨学金を利用できます。日本学生支援機構から本学あてに募集人員が割り当てられます。日本学生支援機構についての詳細はこちら

第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息付)
貸与月額 5万円 または 8.8万円 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円 より選択
※15万円を選択した場合は、4万円または7万円の増額が可能
学力基準 大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業などに必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者。 以下のいずれかに該当する人
(1)大学院における成績が優れ、将来、研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者。
(2)大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。
収入基準 収入が、374万円以下であること。ただし、研究能力が特に優れている、特別な事情があると認められる場合486万円以下となる。収入には、アルバイト収入、父母からの給付、奨学金、その他を含む。 収入が、536万円以下であること。収入には、アルバイト収入、父母からの給付、奨学金、その他を含む。
入学時特別増額貸与奨学金
(専門職大学院課程)
10万円、20万円、30万円、40万円、50万円
※上記5種類の中から選択できます(入学時1回のみの貸与金額)
◎第一種は無利息貸与、第二種は利息付貸与となります。
◎第一種と第二種を併用することができます。
◎申し込みは、本法科大学院を通じて行います。
◎募集時期は、毎年春となります。
◎大学院の第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者として機構が認定した場合には、貸与終了時に奨学金の全部または一部が免除される(特に優れた業績による返還免除)制度があります。
白鴎大学 ジュリナビ 教育支援システム 無料法律相談 在学生へ 修了生へ よくある質問
Copyright © 白鷗大学法科大学院 All Rights Reserved.