白鷗大学法科大学院|HAKUOH University Law School

院長あいさつ

白鷗大学法科大学院が目指す教育は、法曹として地域の現場で生きる実践力の養成です。

鈴木 孝之白鷗大学法科大学院は、法科大学院進学志望者数の全国的減少傾向から、平成27年度から新規の学生募集を停止しましたが、在校生および修了生について、引き続き、教育と研究の責任を全力で果たします。
当法科大学院を修了して、栃木県を中心とした北関東地区の各地域に根付いて活躍している法曹を支えているのが、法科大学院時代に培った緻密な法的思考能力です。それは、民事法、刑事法、憲法、行政法などの基本科目に加えて多彩な選択科目を学んで身に着けたオールラウンドな法的素養であり、社会生活上の医師にも例えられる多様な法律問題に対処できる資質です。加えて、エクスターンシップやリーガルクリニックなどの地域密着型の実務科目で、栃木県弁護士会などとの連携により充実を図っています。
さらに、オフィスアワーやアカデミック・アドバイザーなどの個別に学修相談ができる制度により、学修のきめ細かい質的向上と、学生ごとに異なる不安や悩みなどのケアにあたっています。マンツーマンをはるかに超える少人数教育態勢で、司法試験合格と法曹としての活躍へのロードを伴走していきます。


Copyright © 白鷗大学法科大学院 All Rights Reserved.